大学生の頃、モトクロスでジャンプの着地で腰をグキッ!それ以降、時々腰が痛い。
厄年になってからしょっちゅう痛い・・・。やはり厄年って体が変わっていく(悪い方へ)時期なのだろう。鍼灸院や整体に通うことになる。
筋トレもやめた、体の負担になる。動物はストレッチはするが筋トレはしない。
人間は動物だ。動物のように日が登れば目覚め、日が沈めば寝る、そして余計な負荷を体にかけない。これが健康の秘訣なのかもしれない。ある整体師さんからのアドバイスにハッと気づかされた。
ときには体をいたわる・・・。この肉体は自分のものであって自分のものではないのかもしれない、単に親から借りているだけの体かもしれない。自分の体を大切に扱おう。
私自身、約10年前(30歳前後)はゴリゴリのメタボだった。
尼崎が生活の拠点だった頃・・・毎晩居酒屋、お菓子三昧の日々・・・。
体重も今より10kgくらい多かった。
一時期メバロチン®(高コレステロール血症の薬)も飲んだが、今は必要ないくらい数値は下がっている。尿酸値も明らかに下がった。
肥満が改善して、実は視力も改善してメガネが不要になった!(個人的にはメタボ改善で視力が改善することがあると信じている)
メタボ脱却のきっかけはウォーキングに目覚めたこと。歩くことを習慣にしてから、みるみる自分自身が健康になっていくのがおもしろかった。もちろん体重も下がる。「ランナーズハイ」ならず「ウォーキングハイ」は存在すると確信する。
スマホの歩数計は欠かせない。ある1年間は1日平均1万歩を達成した。最近は1日平均6000歩程度であるが、歩きやすい季節にはあと2000歩程増やしたいと考えている。昼間によく歩くと夜グッスリと寝られる。数年前、気を良くして次はマラソンだ!と思い走りこんだ、しかし今度は膝を痛めて断念・・・。
結局自分の体にはウォーキングが合っていると悟る。皆様も自分にあった運動法を探してみてはいかがでしょうか?