6月19日付けで、奈良県医師会新型コロナウイルス感染症対策本部から連絡がありました。

以下にその内容を抜粋してお示しします。

 

PCR検査がこれまでの重症化予防を目的とした検査から、感染拡大防止を目的とした検査へ見直され、PCR検査の対象が拡大されることになりました。

感染経路分析などにより新型コロナウイルス感染症が疑われると判断された場合は速やかに検査の対象となります。

症状の有無に関わらず感染リスクがあると思われる場合、医療機関はPCR検査の実施につなぐよう対応が求められます。

 

今後、新型コロナウイルスPCR検査の対象となるのは以下のような場合です。

・検査前2週間以内にコロナ感染判明者と接触した場合

・検査前2週間以内に感染リスクのある場所に滞在した場合

・勤務先や通学先、自宅などに、発熱等の有症状者がいる場合

・医療従事者(訪問看護師等を含む)、福祉施設従事者(訪問介護員等を含む)    

                                  など

 

うなて医院ではPCR検査を実施しておりませんが、PCR検査が実施可能な施設と随時連携しておりますので、新型コロナウイルスについてご心配、ご不安がありましたら遠慮なくご相談下さい。